Yuya Kumagaiのオフィシャルなブログ

生音ヒップホップバンド・HipDistrict、ポエトリー&エレキギターユニット・Anti-Trenchにてギターを弾いてる熊谷勇哉による何気無いブログ。ライヴ情報やその他活動の記録やいろいろをオフィシャルに書きます。

もしもピアノが弾けたなら。

 

ピアニストになりたかった。そう感じるくらいに世の中には素晴らしいアーティストが多い。

 

電子のサウンド、アコースティックなサウンド、全て踏まえた上で鍵盤には多くの可能性しかない。

僕はギターを弾いているけれども、あの打楽器のようなサウンドには到底敵わないくらいに温かく豊かだ。僕はピアノにしばし打楽器だと感じる瞬間がある。

それはタイの伝統的な民族楽器楽器のラナートエーク、コーンウォンレクのような楽器にも感じるものである。

あの倍音感には敵わないエクスタシーの領域があると思う。ピアノにはそれに繋がる何かがある。ただピアノの場合は弾き手にその比重がのしかかってるのであまり気付かれない。

 

こんだけ言っておいてなんだけど、ギターは打楽器にも弦楽器にもなり得るのはよく知られている事ではあるけれども、エレキギターは未知の領域で埋め尽くされているくらいに可能性しかない。

最近までピアノみたいなギターが弾きたいとずっと思っていたけれども、それは何処かお門違いというか、概念の僕の勘違い(ベクトルのズレ)が少しあったからなんだと気付いた。

自分はこの4年間の中で昔よりも多くの音楽に触れてこれたように感じるし、それらを好む事が出来た自分はきっとそこを越えた"何か"を求めているのだなと思う。

全てはRavi Shankar, Ahmad Jamal, Herbie Hancock, BIG YUKI, Aphex Twin, Gil Evans等の素晴らしいアーティストからのインスパイアによる。

 

ギターにしか出来ない真にギターらしい、ギターにしか出来ない"何か"を奏でたい。

そんな想いで最近は曲作ろう〜と思い始めちょぼちょぼ作っています。

 

 

という、ふと思った事シリーズでした。

かなり大まかに書いてしまった(笑)

 

では。