読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuya Kumagaiのオフィシャルなブログ

生音ヒップホップバンド・HipDistrict、ポエトリー&エレキギターユニット・Anti-Trenchにてギターを弾いてる熊谷勇哉による何気無いブログ。ライヴ情報やその他活動の記録やいろいろをオフィシャルに書きます。

明けましておめでとうございます

 

実は今日が昨日と同じ生活過ぎてまだ大晦日なんじゃないかと感じるくらいに昨日と今日の差がない。

明けたらしいですがとりあえずおめでとうなのかな?でございます。

 

まだ2016年は終わってないのかもしれません。(終わったんですけどね。)

なんなら2016年であってほしい、なんなら2016年もまだ2015年であってほしい。

というかまだ12月であってほしい、12月32日であってほしい、なんなら12月のまま25時になりました!でカウントしてほしい。

というかそれなら24時61分であってほしいし、一層の事60分61秒のままでいてほしいというか、

春が来なければなんでも良い。

 

季節はぐるぐる回るし、年を重ねれば重ねるほど1年は早く感じるような気がするし、別に新しい年になってもそれを機に何かが終わって行くわけでもないのですが、やっぱり春はしゃんとしないといけない気がして、、、そんな気がして、、、ただそんな気がするだけなんです。

まあ全部そんな気がしてしまってるだけなんです。

 

昔だったらもっとお年玉を楽しみにしたなーとか、もっとクリスマスを楽しみにしてたなーとか、誕生日になんかもらえるんじゃないかとか。

この前のクリスマスイヴ前夜にふと、小学校のときに色々楽しみにしてた時の感覚をふと鮮明に思い出してしまって、明日はクリスマスだけどいつもと変わんないなーとか思ってしまった自分に少し悲しくなりました。

 

もういい歳なんだけど、でもあのワクワク感は特別なものだった気がするんです、気がするだけなんですけど。

大人になって悲しいとか、色々考えなければならない歳になっているのは間違いないし、もう自分たちがそういう事を誰かに出来る歳になっているのも間違いないのですが、

ケンタッキーのCMを見ながら今年もそんな時期だなーとなるあの感じ、忘れてしまっていた気がします。

まあ覚えていたところで何かが変わる事はないのかもしれませんし、より世の中行きづらくなるだけかもしれません。そんな気がします。

 

確固たる「365日が1年」の常識になんの意味もないわけで、また同じ様な時期の巡りに丁度いいなんかを見つけてるだけで。

 

それでもやっぱり全部自分の気のせいなんだと思います。

 

だからまだまだ僕にクリスマスプレゼントをくれる方を募集しておりますし、お年玉も募集しております。昨日も今日も12月で、31日と32日の中にいる僕に、あの時のワクワク感と喜びを感じさせて下さい、待ってます!

 

 

 

それでもやはり、一年の始まりに乗り遅れるわけには行かないのです。1月に生きていなければいけないのです。

 

f:id:kgygkw:20170101185610j:image

 

新たなプロジェクトを始めます。

 

 

もちろん音楽でなのですが、今までの様々な活動とは打って変わって、自分の捻くれた部分と面白いと思う事を混ぜ込んだ" 何か "を残せればという気持ちでいます。

春には何かを残さないと春がこない、と思いました。

 

 

このブログにも色々活動過程をチラ見せしていきたいと思ってますので、是非またチラ見してもらえると嬉しいです。

 

 

そんな感じで朝からふわっとしている熊谷でした。

 

今年も宜しくお願いします。頑張ります!