Yuya Kumagaiのオフィシャルなブログ

ギタリストやカメラマンやロマンチストなどなどやってる熊谷勇哉による何気無いブログ。

渋谷には色が無い

雨が酷く降り注ぐ金曜日。ここ渋谷には今日も多くの人が行き交っていた。この街は天候など関係なく物凄い勢いで時が過ぎて行く。栄えに栄えるこの地は人種も年齢も様々にそれぞれの人生が交差するスケールの大きな街だ。ただ、そのスケールに比べて寛容では…

幸せになってもいいですか

世の中なんでも言ったもんがち。どんな年齢であれ立場でどんな職種であれ、どんな人でも言ったもんがちなんだ。ただ、言ったからにはと付き纏う責任は誰にだって伴われているはずなのに、言わない方がそれを深く追及されてしまうようになった気がする。まだ…

早朝の芸術

早朝、この時期になると日が昇るのが遅くなる。 その景色というのはなんとも美しく、思わず立ち止まってしまう。冬を先取りにした気持ちになり、何度目かの景色を見て憂いでしまう。 まるで空には素晴らしい画家が居座っていて、気まぐれに描き出す様々な絵…

ハロウィンのオバケたち

トリックオアトリート! お菓子をくれなきゃどうにかしちゃうぞ! 子供たちは近所の家を回ってお菓子を貰っていた。大きな入れ物に溢れ返るほどのお菓子。早く家に帰って食べたくてしょうがない。 物心ついた時から恒例行事として行っていたが、気付けば貰う…

「人生に少しのスパイスを」

良いなと思った映画を観るとまるでその世界にいったかのような気分になってしまい、暫くの間だけ自分の数%だけその人になってしまう。 俗に言う共感性羞恥とは異なり、感受性に関わる事なのだろう。映画を観ている時は観客として物語を追っているのだけれど…

タピオカミルクティー1つ

20XX年、タピオカドリンクの甘過ぎで糖尿病患者急増。 日本国内は重大な危機を迎える。かつての若年層の大量入院により世の中を回すのは現若年層と定年間際層、よって社会の中核以上の人間に影響した為に社会に大きな打撃を与えた。 空前絶後のタピオカブー…

DROWN

私は夢に溺れている。 太平洋のど真ん中を泳ぎ続けている。どんなに泳ぎ続けてもそこは真っ青な海のど真ん中で、時々力を抜いてゆらゆらと漂っている。空は水色で、絶えず雲が変化し、僕を置き去りにしては消えてゆく。 小さい頃、雲の上を歩いて行ったらど…

Dejavu

季節の変わり目というのは誰のものでもないんだよ。 どんなにSNSが発達しても、表に出ているのは春夏秋冬。意外と大雑把な生き物だ。どんなものでもそうだけれど、変化は僕らを待ってはくれない。だけど僕らはその変化を愛おしく、そして儚く感じる。もう同…

昇龍拳が未だに当たらない

物心ついた時からスーパーファミコンは家にあった。 ソフトは殆どが説明書が無くて、その中からストリートファイターⅡをがむしゃらにやり続けてはベガが倒せなくて、必死に攻撃のかわし方を探した。それでもやはりベガは強いのでやってくうちに避けるタイミ…

嵐の夜に

嵐の夜、アメはずっと叫んでいるし、カゼは喧嘩を売りに来ているしいよいよ世も末だ。これじゃあ商売になりゃしねぇと店を閉める者がほとんどだった。こういう時に限ってタイヨウはなんもしちゃくれはしない。神様仏様云々カンヌン言ってる人は皆そう呟く。 …

愛論

良いものとの出会いは人生を急激に加速させる。それは例えお金にならなくとも人生の財産となる。 世の中は金か愛かなんていう人もいるけど、僕は知ってる、そんなことを言う人達は金も愛もどっちも知っちゃいない事を。 僕はロックを聴く、君がロックを聴い…

帰り道のエンドロール

日曜日の夜。繁華街は人でごった返し、今だけは終わらないでというような顔でみんな幸せそうだ。 そんな僕は楽器を背負いながら駅に黙々と向かっていると、誰かもわからない人の匂いがふんわりと鼻先を横切る。でも気づいた頃にはもう別の人の匂いが迫ってき…

ロマンチス党のなれ果て

まだ見ぬ景色を見ていたいが為に生きる事に社会はそう優しくない。 先駆者たちは奔走し、確立し、そして維持する為に発展をさせ、そして飽和に向かい、また真新しい需要に向き合わなければならない。その中で全てが平等にある事は厳しく、差が生まれる事によ…

水槽の肴

人で溢れかえったクラブの端で、会話の断片が永続的に聞こえてくる。置き去りになっているわけでもなく、一人でいるのを好んでいるわけでもない。ただそこに居合わせただけの何者かでしかない。 とりわけ悲しいわけでもなく、一人になれた喜びがあるわけでも…

天使と悪魔

今日はいい日だったなと思う時っていうのはきっと幸せを噛み締めているんだけど、心のどこかで早く切り替えたい気持ちが沸き起こる。 心の中で天使か悪魔かは分からないけれど、もう一人の僕が静かに語りかけてくる。どんなにハードにタイトに暮らしてても怠…

ユートピアに恋い焦がれて

Missy Elliottが1stAlbum「Supa Dupa Fly」を作る際に他の流行の音楽をシャットアウトした状態で制作したらしく、正確に言えばシャットアウトが出来る環境だったというのが大きかったそうだ。1997年リリースのこのアルバム、時代は携帯電話がようやく小型に…

北海道の水は美味しい

気付きが連続する時期っていうのがあるんだけど、体感の時間経過が遅いと整理するのが大変。 久しぶりに書くけど、出来ればちゃんと書きたいけれど、まあつらつらと。 人間は視覚情報の多くをシャットアウトして対象のものを見ているようで見ていないという…

流行り廃り

しばらくブログを更新せずに数ヶ月を過ごしていたのですが、ここに改めて書ききるのが困難なほどに色々あったなーという感じなんですけど、下書きにはだいぶ色々溜まってまして当時そこまで書ききることができなかったのでしょう、途中で終わってるものばか…

明けました!

年が明けて2018年、結局いつもと同じ年越しと年明けでした。 今年こそ数あるイベントを無視した過ごし方が出来そうだったのでクリスマスだって大晦日だってなんでもない日かのように過ごしてみました。 結果、なんだかホッとした自分がいました。Instagramで…

トーキョーにも山はあったんだ

ときどき、自分の住む街が山々に囲まれていたらなあと思うことがある。 これと言って理由があるわけではないけれども、大きな山脈に囲まれることに安心感を覚えるというのはここ最近になってから。 トーキョーはどこに行っても山がない。代わりに空が広がっ…

太田市ジャズフェスティバルにて。

一昨年、去年と群馬県太田市大学Jazz Festivalにお世話になり、今年はゲストバンド・国立音楽大学Newtide Jazz Orchestraとしてお世話になった。 スタッフの方々も僕やカワサキの事をよく覚えていてくれて楽しいひと時を過ごすことが出来たし、感慨深い気持…

京都の風情はあるのか。

今日はとある話をします。 僕が京都に初めて行ったのは大学1年の秋、ロイヤルサウンズで同志社と対バンに行った時でした。 それから一年後くらいに京都に再び旅行として行き、3日で30箇所くらい行くというハードな事をやりまして、そしてまた一年後京都に旅…

本日は晴天なり。

久しぶりに書く気が起きたのでと思ったら、ちょくちょくみてくれている方々がいらっしゃってどうもこんにちは。ありがとうございます。 結局10月の更新をするのを忘れていて気づけば11月も半ばに突入。先程備忘録を書いたわけですがなかなか前みたいにのびの…

10月の話。

10月の備忘録。 10/1 茨城県 取手市ジャズフェスティバル 国音Newtide Jazz Orchestra にて演奏してきました。 数曲演奏してまいりました。2度目の取手市ではありましたが、とても温かい雰囲気で楽しかったです。 6日はAnti-Trench@新宿御苑MERRY-GO-ROUND。…

9月はいっぱいライヴした。(備忘録)

どうも、9月を振り返ります。 9月一発目には栃木県足利にてAnti-Trenchの遠征がありました。 他の出演者の方々の演奏はどれも凄くて、久々の音楽だったので刺激多めでした。 個人的に思い入れのある場所に行けたのでとても安心感でいっぱいでした。 9/9はこ…

Newtide三昧の夏

今年の夏は自分にとって最高の夏でした。 自分の周りには素晴らしいミュージシャンがたくさんいること、切磋琢磨できる環境があること、新しい情景を見るために考えさせられることもそれを評価してくれる人がいることも全て彼ら彼女らのお陰だなと、敬意を込…

0時46分

C.O.S.Aの1AM in Asahikawaのリリックの中に 「今はライヴ以外景色に変わる そんな俺たちを誰も笑ってない」 という一節がある。 この頃はギターを触ってての新しい発見はとくになく、寧ろギターから離れての事が多かったせいか、より日常に対する敏感さが増…

最近のと今後のライヴについて

今日は色々近々のライヴのことを話したりしようと思います。 ブログを読み返すとだいぶ前、6/4の胎動大学についてが直近ということでした、全然更新してない。 6/4 胎動大学@阿佐ヶ谷よるのひるね /18 Anti-Trench × 狐火ツーマン@高田馬場四谷天窓.comfort …

もしもピアノが弾けたなら。

ピアニストになりたかった。そう感じるくらいに世の中には素晴らしいアーティストが多い。 電子のサウンド、アコースティックなサウンド、全て踏まえた上で鍵盤には多くの可能性しかない。 僕はギターを弾いているけれども、あの打楽器のようなサウンドには…

夜は涼しいですね

暑い。とにかく暑い。 夏はもっと暑い。とか言いつつ半袖を着れるのでハッピーです。 どうも、いろいろ落ち着いたのでここら辺で最近の事を書こうかと思いまして。 29日は国立音楽大学Newtide Jazz Orchestraの新歓ライヴでした。初のライヴという事でどうな…