Yuya Kumagaiのオフィシャルなブログ

ギタリストやカメラマンやロマンチストなどなどやってる熊谷勇哉による何気無いブログ。

天使と悪魔

今日はいい日だったなと思う時っていうのはきっと幸せを噛み締めているんだけど、心のどこかで早く切り替えたい気持ちが沸き起こる。

心の中で天使か悪魔かは分からないけれど、もう一人の僕が静かに語りかけてくる。どんなにハードにタイトに暮らしてても怠けたい気持ちは顔をしっかり覗かせてくるので出来ればそいつが遠くの曲がり角を曲がる前に巻かなきゃいけない。

とはいえ、噛み締める気持ちは無ければもっと悲惨で、切り替えがとにかく大事だと思ってる。

 

天使と悪魔の僕が現れるのはいつだって醜い姿になっている時だと思う。愛したいものを愛し、守るものを守る、そういったことが素直にできない時、自分の未熟さを思い知る。

バナナマンの日村さんが最近よく怒ってしまう(イラっとしてしまうだったか、、、?)というのに対して、設楽さんがそれはそのことに対する心のストックが無いからというのがたまに思い出されるのだけど、僕はアウトが怒りではなく自身に対する懐疑に向かっているだけなのかもしれない。

 

天使と悪魔っていうのはずいぶん都合のいい存在で、そいつらに任せてしまえば大体のことが面白おかしくなる。あいつらはどうも適当で思いっきりがいいし、時にうだうだしていて僕が思いっきりよくなれる。

漫画のように突然現れては、こっちにしてしまえと悪魔が囁き、こっちにしてはダメよだって○○だぞって天使が入ってくる。

 

 

もうこの時点で僕は面倒くさくなる。

 

 

そうなんだよ面倒くさい。

面白いくらいにあいつらは助言してくる。

ただただお節介だし、そんなん自分で決めるわってなるだけでなく、何を悩んでいたのかってなる。そこで天使と悪魔を召喚している自分も面倒くさいって思うし、尚更サッパリした判断になる。

全て3秒の出来事である。

 

ダンブラウンの描いた世界観に引き摺り込んでもまた面白いけれど、それにはダビンチが必要になるからそれも面倒くさいし、渡航する面倒臭さもある。

段々と素直になっていった方が世の為人の為己の為になり、それが良いじゃんとなる。

今日の幸せは今日しか訪れない。だったらそれはちゃんと噛み締めて、忘れないように、そして欲にまみれず、精進料理を食す時のように旨味と感謝だけに想いを馳せて行けば良いじゃないか。雨にも負けず風にも負けず的な精神で暮らして行けたらと考え始めた時点で日は跨ぐ。

 

こうして明日が今日になってしまったらまた今日の幸せを見つけていこうと思うのがルーティンになりつつあるのは、この歳だからであろうか。

未だ夢の途中なのでまた眠りについてその続きを見に行きたい。

悪魔も天使も眠ってしまう間だけ、自分は自由になれるのだから。

 

f:id:kgygkw:20190924205824j:image

ユートピアに恋い焦がれて

Missy Elliottが1stAlbum「Supa Dupa Fly」を作る際に他の流行の音楽をシャットアウトした状態で制作したらしく、正確に言えばシャットアウトが出来る環境だったというのが大きかったそうだ。1997年リリースのこのアルバム、時代は携帯電話がようやく小型になってきて、インターネットもようやく世界規模になって普及が加速し始めたような時代。今聴けばあまり大きな違和感を感じはしないけれど、確かに相当面白い試みが行われていたんだなと思う。

 

今コンテンツも増えて個々が好きなものを手を取りやすくなって、そしてまた、好きなものをを手放し捨てることも容易になった。

ものが増えれば増えるほど使わないものは増えるし、大掃除すれば大概のものは捨てるか思い出に浸るか、そうやって塗り替えられていくのを無意識に行っていく。

同じようなコンテンツの中で小さな差を競合い、そうするとまたそれを取り入れたものでより小さな差を生み出し、気付けば違いなんて誰にも分からなくなってどれでもよくなる。

 

この頃“どれでもいい”が増えてる。憧れの生活も、食べるものだって、かわいいもかっこいいも、なんだって“どれでもいい”に溢れてる。

時代特有の匿名性が人々の一部を蝕んでいるというか、現実との境目に理由がないまま成ってしまっているという感じだろうか。そして外から見れば空しい事、も当の本人はそこそこ満たされているというのもまた救いようがない。

 

僕もまた沢山のものが何十箇所に溢れてる豪邸に住んでいるようなうちの1人で、これまた救いようがないなーと自分で思う。

ペルシャ絨毯の上で長いテーブルにロウソクのインテリア、高級な椅子が並ぶ中、朝食は味噌汁とパックの納豆といつから使っているか分からぬ茶碗に白米。食べ終わって少ししたら館内を散歩して寄り道した挙句、焦って仕事に出かける準備、もちろん自分にしか着れないコーディネートでスイッチ切り替えて豪邸を出る。

昼飯はそんな格好でラーメンかっ込んで一服がてらの3rd wave系のスタンドコーヒーで極上のルワンダを嗜む。

夜になれば社交場でダンスを踊り、足を間違えてもウィンクで誤魔化して談笑を楽しむ。ディナーはいつだって異国の雰囲気が漂う個室で旧友と世間話、そして豪邸に着けば「今日もなにかが足りなかった」とため息を一つ。大きな敷地のホコリは増えていくばかり。

 

便利になるということが不便になるということなら、こんな不幸せなことはない。昭和は憧れだったりヒーローがいたのかもしれないけど、少なくとも平成にヒーローはいなかった。なれないものがなるんじゃないかとなり、会えないが会えるようになった。もう誰もユートピアには興味がないんだ。そうしてユートピアは未開の遺跡になって、そのままその神秘は弄ばれる。たがためにを連呼するMr.ChildrenでさえもうMr.Childrenではないのかも。

 

自分の話ではあるけれど、ソロとしての音楽制作を始めてプロジェクトはもう数年が経とうとしてる。時代にずいぶん流され、その内容はあっち行ってはこっち行ってでいろんな記憶に足跡を残した。それでもざっと聴いてみると自分だなーと思うのは、こんな時代のオリジナルのあり方なのだろうか。

 

流行り廃りを気にしながらも、結局何かは変わっていないというのを残されたもので確認して言い聞かせる。そろそろまとめに入ってもいいんじゃないかというところでまた、ペルシャ絨毯の上でダージリンに想いを寄せる。いつになったら四畳半の幸せを手に入れられるのか、なんて考えながら今日もまた広大な敷地で足踏みをするのだと思う。

それでも自分の音楽は辞めようとは思わないのだから、こりゃまた救いようがないったらありゃしない。

 

f:id:kgygkw:20190921232734j:image

北海道の水は美味しい

気付きが連続する時期っていうのがあるんだけど、体感の時間経過が遅いと整理するのが大変。

久しぶりに書くけど、出来ればちゃんと書きたいけれど、まあつらつらと。

 

人間は視覚情報の多くをシャットアウトして対象のものを見ているようで見ていないというのをとある記事で見て、普段の見疲れというかそんな感覚はこれなんだろうなと感じた。

文章を見ると目まぐるしく脳内を駆け回る感覚、小さな画面から様々な人間の様々な吐露を様々な時間に見ているとそれは、誰に向けたものでもない途方にくれた言葉が亡者のように見えた。そんなものに心がチクリとして、良いものはそれとして受け入れ、だんだんと何かに囚われているような気がしてきてしまった。

我々は人生のうち睡眠で数年も使ってしまうし、今じゃケータイ電話にさらに数年を使っているし、そんな数年がそれ以外の数十年の一部に大きく影響しているというのが馬鹿馬鹿しく感じた。

それでも僕らは辞めることが出来ない。

 

先日同窓会に顔だして久々に会う旧友たちに「今何をやってる人なの?」と多く聞かれた。そりゃそうだ、今まで会えてもないし会おうともならなかった人たちが知ってるわけない。

どんなに頻繁にいろんなの更新してたって見ないもんは見ないし、広まらないものは広まらないし。何の為にやっているのかがあんまり分からなくなっているのも現状ではあるけど、とにかく今の自分のSNSの使い方はあてにならんのだなと思った。

早くMステのニューカマーみたいなコーナーに出るの楽しみにしてるよって言われた時に、今の自分は惑ってるのかもしれないなとも思った、そういう活動をしたいと思っている気持ちが強いだけに。

この半年間いろんな縁を形に残していきたいと思ってやってきたけれど、自分が何者かを自身に多々問いただしてしまっていたとふと思った。僕はただの音楽屋であるし、写真撮りになりたい写真撮りだし、コーヒー屋開きたいコーヒー好きになりたいコーヒー好きだし、僕自身がやりたいということは僕がちゃんとやらせてあげたい。ただそれだけ。その気持ちを忘れていってしまっていた気がする。

それでも何者かを探してしまうからこれも辞められないのだろう。

 

先日北海道に数日行ってきたのだけれど、Tokyo人は何かを失いつつあるのだと確信した。僕らは目まぐるしい小さな流行の変化を横目に変わりゆく街並みに慣れていき、それが世の主流だと無意識に勘違いをしているし、それでいいと思っている。まあ確かにそれでいいと思う、いや思っていた。

帯広の人々は皆人の心を持って人同士でコミュニケーションをとっていて、人生感じた。流行が隆起しては廃るこの大都市では多くの人々が何かを隠しているし、何かを愛しているふりをしているし、とにかくチャットのような会話が得意でコミュニケーションがとれないことが多い。札幌では小さな新宿というか、若者の活力と仕事帰りの社会人が混ざり合って物凄い活力を感じた。ただ、なんとなく平和な世界だった印象だった。北の地に行った数日間の居心地の良さを今も思い出してしまう。水の美味しさも。

このままでは自分の中の何かを辞めてしまう気がしてたことに気がついた。

 

 

忘備録としてしたためては、これもまたいつか観点が違うものになってしまうかもしれない。ただ、ネガティブなことではなく、気付きの連続であったということ、それだけが残ればいいと思った。北海道にまたいきたいな。

f:id:kgygkw:20190919005240j:image

f:id:kgygkw:20190919005423j:image

 

流行り廃り

しばらくブログを更新せずに数ヶ月を過ごしていたのですが、ここに改めて書ききるのが困難なほどに色々あったなーという感じなんですけど、下書きにはだいぶ色々溜まってまして当時そこまで書ききることができなかったのでしょう、途中で終わってるものばかりでした。

ということで、最近のことは後で書く事にして、下書きの中でも書いておこうかなというものを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

スタート!

 

 

 

f:id:kgygkw:20180518200742j:image

 

 

 (2018/1/9の下書きから)

 

明けましておめでとう御座います、もだいぶ過ぎてきましたが、今回は時と共に過ぎゆくものについての話です。

流行り廃りが激しい世の中についていくのはなかなか大変だと思うんですけど如何でしょうか。

僕は割りかしそういった情報はキャッチしている方ではある(つもり)ですが、興味の無いものに関しては全く興味ない方なのでこれまた流行りというものが時にしんどいのでございます。

 

この頃はカメラで写真を撮る事が趣味になったわけですが、元々はスマホでさえ自分から写真を残す方ではありませんでした。寧ろ自然と流行りに逆行していた者、Instagramでは自分のライヴの機材記録や、陶器などのらしく無いものばかりを載せるのが好きでした。

今思うとこんなにもカメラにハマるとは思ってもいなかったでしょう。

 

ということで今回は自分の流行り廃りを時代で追って行こうかと思います。

  

 

 

1.ヴィジュアル系

 

中学に入ってからすぐにX JAPANに出会いました。家の倉庫を探っていたら見慣れない箱が出てきてそこには髑髏にXのロゴに書物のようなデザインのパッケージが。聞いてみるとそれはX JAPANの1993年の冬の東京ドーム3daysライヴのVHSでした。

早速見てみるとそこには大きな会場で長髪を逆立てた派手なメイクの男たちがハードな音楽を演奏していました。

なんじゃこりゃ、、、と僕はすぐさま釘付けになってしまい、特にHIDEというギタリストに全てを心奪われていしまいました。

そこから色々調べてみるとそれはヴィジュアル系というジャンルの最初期の方々だったようで、他にもLUNA SEAなどの音楽を聴いてみてはハードで速くないからと、X一辺倒になり、そして当時のV系に耳を傾けるようになっていったのです。

その頃は自分で好きな曲のコンピレーションアルバムを自分で組むのがとても好きで、学校の友人に「最高のコンピ出来たから聴いてよ!」と話しては聴かせまくっていたものです。

SHOXXやCureなどのヴィジュアル系専門雑誌を毎月読み漁り、時に服装もカジュアルなものの中にヴィジュアル系の要素を取り入れようとしたり、ライヴにも足を運んでみたり、だいぶどハマりしていました。

当時周りの友達はヴィジュアル系?という感じですが、お構いなくお構いなくアンティック-珈琲店-Phantasmagoriaのライヴにいっていたりしました。

美しさと独創性に心惹かれ、自分の音楽というものに対する美的感覚にも大きく影響を与えたといっても過言でないと思います。

  

  

2.ヘアースタイル

高校にあがると多くの人々が髪を染めてみたりしてそれがビビり染めだったのを今でも覚えています。

校風が自由だったこともあって先輩がやっているし自由な学校じゃないの元々は!と言わんばかりに染める、そして先生にバレたら怒られているのを横で見ながら、それはダメなんだ、じゃあ染めなきゃいいんでしょ?と思い髪型をちょこちょこ変えるようになりました。

元々長髪気味な髪型だったのですが、気付いたら片側だけ髪が長かったり、突然短髪にしたり、はたまたワックスで髪を立ててみたりと色々やってみたものの、大学に入ってからそれはエスカレートし、ついにスパイラルパーマというアフロヘアーに出来ちゃうやつをやって、ラッパーのANARCHYに憧れて髪を編み込んでコーンロウにしたり、後ろで結えばパイナップルみたいな髪型になったりと、色々やってきました。

人生で始めて染めたのはその時で、SUMMER SONIC2016に出る際に毛先だけブリーチしたいなーと思って先だけ黄色くなりました。

そのおかげかBEAMSの40周年企画にもスカウトされて参加する事になり、いい経験ができたなーと思ったり。

 

髪型ってみんなが思ってる以上にイメージが変わるんです。自分自身が一番調子付く。これなかなか表現しづらいんですけど、その髪型によって自分から湧き出る何かが変わっているというか、ある意味役者みたいな感覚なんだと思うんです。今はパーマを片側に流しているオシャレっぽい髪なんですけど、時々声かけられてナイスだね〜って言われるんですけど、自分としては嫌でも受けのいいスタイルでいられてる感じがして変な安定感を覚えるわけです。

コーンロウなんかんときはだいぶなんでもできる気がしてたし、ヒップホップやってるギタリストとしては心のどこかで自分が最強だって思えるくらいの感覚にあったし、爽やかな髪型の時点では何事もさらっとしていた気がする。

 

レゲエのボブ・マーリーらの宗教では髪は生命力だから切ってはならないみたいなのがあって、髪を切った時に友人に「だから丸くなったのか〜ユウヤは〜」と弄られて心のどこかで悔しいけど分かる、、、切らなきゃよかったかもな、、、と思ってしまっていたんです。

多分思い込みなんですけど、そんな思い込みに救われたり、落ち込んだりしているというのは、やはり自分にとって髪型っていうのは大事な何か要素を担っているんだろうなとなんとなくですけど思ったりするんです。

 

 

 

3.アジアの音楽

 

高校の時にK-POPがお茶の間で流れるっていう時期があったんです。もう楽曲が楽しくてどハマりしました。

海外の楽曲っぽいけどアジアの要素がある、なんなら日本にも通じる歌謡感があるというのがツボでめちゃめちゃ調べまくってました。

HIDEもANARCHYもそうですけど、ファッションアイコンとしても強力な人を好きになる傾向があるのか、BIGBANGにどハマりしまして、自分で作詞作曲してプロデュースしているG-DRAGONに惹かれすぎてずっと聴いてました。もちろん髪型も当時のGDに寄っていました。

挙げ句の果てにデビューしたてのアーティストを探し出しそれをクラスのK-POPずきの子達に布教したりしてました。

ある時韓国の番組を片っ端から見てyoutubeでネットサーフィンしていると、台湾のドラマに行き着き、そのドラマの挿入歌が良すぎてなんだこの曲は、、、となって探しているとそれは主演俳優とヒロインの女優によるものでした。

 

Fcrowさんとの企画、土下座スウィーツの中でも紹介したのですが、

https://youtu.be/weN2OtYSa-s

 

実際の曲はこちら

https://youtu.be/oec9R5ypf-o

 

もうずっと聴いてました。

他国の言語を聞くというのも刺激的で当時から勉強してみたいなーとか思ったりして、まあイスラム圏の言語を勉強するようになったわけですが笑

 

こんな感じで高校の時はこんな感じでめっちゃ聴いてました。ちなみにこの頃ヒップホップと出会いました。

 

 

 4.陶器

 

自分は結構マテリアル厨な所がありまして、材質やデザインや配色の細かい所に惹かれる傾向があって、いつからかショッピングをしていると陶器をみるようになりました。

気付けばマグだけで50個ぐらいあるんですけど、決まって焼き物に惹かれてるんです。陶器って面白いのが、一つ一つ質感が違うんですよ。業者が行ってる量産品は似たような加工ばかりなんですけど、それでもディティールは異なる、だからこそ一つ一つに個性があるんです。

そしてものによってはソーサーとカップによって成り立つものもあって、そこに職人の美しいほどの人間味を感じたりするわけです。

塗装の微妙な割れ具合でコーヒーを入れればそこに色が染み込んだりするのも趣があったり、何気なく使ってる生活用具に一つの表情を見出せる、そんな所が好きで今でも出会っては持ち帰っています。

日常を豊かにするのは些細な所からだったりするもので、それが僕にとってはマグだった、という感じです。

忘れられないエピソードがありまして、陶器屋さんに行った時にめちゃめちゃインスピレーションが湧いてくる一品があったんですよ。職人によるデザインのもので、質感もデザインも雰囲気も縁も最高に刺激的なもので、決して派手ではないですがとにかく欲しかった。

ただ、値段を見てみると1万越えしていて当時の自分の持ち金ではどうすることもできず断念したんです。一ヶ月後になんとかかき集めたお金を握りしめて見に行くと、既にそこには無く売り切れてしまったようで、酷く落ち込んだのを今でも覚えています。

その陶器を手にしたからといって何かが激変することもないですし、なんならその一万円でなんだって出来るわけですが、初めてこれなら買いたいと思わされた物だったんです。今ならもう少し頑張れば買えるのになーと思ったりしますが、いつかまたそういったものと出会える事を切に願います。

なんなら最近自分で陶器作りたいです。

 

 

 

 

 

 

はい、ということで自分の流行を思い起こして書いてみました。

音楽について書こうとすると書ききれないくらいいろんなジャンル聞いていたので、今回はどハマりしてしまったものを中心にしました。

 

今はもっぱらフィルムカメラです。フィルムもいろんな会社のものを使ってみたりして自分のお気に入りを見つけていきたいなーと思ったりしてます。

 

 

ってな感じで、久々の投稿はこんな感じで。

 

では。 

 

 

明けました!

年が明けて2018年、結局いつもと同じ年越しと年明けでした。

 

今年こそ数あるイベントを無視した過ごし方が出来そうだったのでクリスマスだって大晦日だってなんでもない日かのように過ごしてみました。

 

結果、なんだかホッとした自分がいました。Instagramでは沢山の方々が年末らしい投稿とストーリー、Facebookではお世話になりましたと今年もよろしくの嵐。やっぱりいつも通り過ごしていた方が平和だなーと思いつつ、未だにイルミネーションは健在だし、セールは名前を変えてずっと続いていて何も止まってはくれない。

クリスマスに友人とスマブラをして過ごした身としては、もう少しそれらしい過ごし方をした方がいい刺激になったのかなとか思いつつ、なんとなくそうしてしまう自分に寂しさを感じたり。

まあでもとにかく新しい年は始まりました。

 

歳を経るに連れて現実をみたりする一方で無駄に擦り減るものに敏感になってやりたいことばかりをするようになって、いつまでも大人になれないでいるわけですがこんなクマガイユウヤをどうぞ宜しくお願いします。 

 

たくさん色んなことがしたい、そんな幕開けです。

 

では。f:id:kgygkw:20180103222018j:image

トーキョーにも山はあったんだ

 

ときどき、自分の住む街が山々に囲まれていたらなあと思うことがある。

 

これと言って理由があるわけではないけれども、大きな山脈に囲まれることに安心感を覚えるというのはここ最近になってから。

トーキョーはどこに行っても山がない。代わりに空が広がっている場所は結構ある。

この季節になると夕焼けがどうも叙情的にさせる。中途半端に空が広がる都心にはどうもいじらしく感じる。

 

先日、奈良に行った時に大きな山に囲まれていることに驚きと新鮮さを感じ、身体の芯まで冷えこむ鋭利な寒さに耐えながらもその空気はとても美しいくらいの純粋な冷たさだった。吸い込むと空気の温かささえも感じられるほどに。

あれほどにも青く広い空に魅せられてきたのに、憧れに過ぎなかったんだとふと気付かされた。

 

トーキョーにない大きな空の絨毯と初めて出会ったのは中学の時、オーストラリアに行った時であった。

こんなに青空の景色が違うように感じていたのは今思えば土地の香りのせいでもあったと思うのだけれど、それでも異国の地で感じた天の大きさに可能性しか感じなかった。

僕にとっての最初の美しさとの出会いだった。

 

つい最近、カメラ片手に夕陽にシャッターを切ろうとしていたらそこに山があることに気付いた。

もう群青色より濃い空の遠いところに厚めの雲の壁の向こうから沈みそうな夕陽の光が雲の端だけを照らしていた。あの日、奈良で見た山の連なりがそこにはあった。

トーキョーにも山はあるんだ、と思わず呟くほどにその色彩は美しく、思わず写真に収めるのを忘れて陽が落ちるのをじっと待った。

 

この季節の夕陽はどうも叙情的にさせる。また空の美しさに魅せられてしまった。

ずっと憧れていてもいいのかもしれないと涙を堪えながら沈みきった夕空に思いを馳せて。

 

 

 

トーキョーにも山はあったんだ。

 

太田市ジャズフェスティバルにて。

一昨年、去年と群馬県太田市大学Jazz Festivalにお世話になり、今年はゲストバンド・国立音楽大学Newtide Jazz Orchestraとしてお世話になった。

 

スタッフの方々も僕やカワサキの事をよく覚えていてくれて楽しいひと時を過ごすことが出来たし、感慨深い気持ちでいた。

実際のところ、順位とか失格の関係する制限時間を気にせずに演奏するというのはいつもの太田の感覚ではなかったというのもあってなかなか特別だった。

母校である青学もヤカヒトシのソプラノサックスのフィーチャー曲に刺激されたし、本当に素晴らしかったし、去年一緒にやってきた事も思い出してただただ感慨深い気持ちになった。

 

イベント2日目、ニュータイドの演奏が終わり撤収の準備を行なっていると1人の女性が声をかけてきた。

顔を見るとその方は去年青学ロイヤルで出演した時に僕とカワサキとヒロムに声をかけてきた2人の女性のうちの1人であった。一年ぶりの再開に嬉しい気持ちだった。

実はその方は今回市民審査員をしていたそうで、「3人が引退されるという事なので、私も何か新しい事を始めたいなと思って応募してみたんです。」と。

去年自分たちが全力でぶつけた演奏がひとりの活力のキッカケになれた事、その人とまたこうして思い出の地でまた再開出来た喜び、様々な気持ちがある中で、

音楽をやってきて良かったという思いよりも、自分たちの演奏が届くってこういう事なんだと、身をもって感じた瞬間だった。

 

音楽をやる理由は様々だけれども、自分がその道に進む中でも一生忘れられない思い出になるでしょう。

もっともっと音楽家として大きくなりたいと強く感じた太田でした。

 

 

では。

 

写真は会場まで1時間かけて歩くカワサキ

f:id:kgygkw:20171204201718j:image