Yuya Kumagaiのオフィシャルなブログ

生音ヒップホップバンド・HipDistrict、ポエトリー&エレキギターユニット・Anti-Trenchにてギターを弾いてる熊谷勇哉による何気無いブログ。ライヴ情報やその他活動の記録やいろいろをオフィシャルに書きます。

聖歌

ただいま真夜中の2時半くらいなのですが、何となく書きたくなったので。

只今のBGMはKanye Westの「The Life Of Pablo」、彼は音楽の神様といっても過言ではないくらいに僕は影響を受けて来た。これだけ全てのアルバムが新しく、作品として唯一無二であるアーティストはそう多くないと感じます。インタビューの中で「Hiphop is New Rock 'n' roll」と強く言い放った彼。彼のビッグマウスではないと確信を持って言えるのは、彼のコンサートの造り方や楽曲がそう感じさせるだけでなく、ファッションから何まで、何なら1st albumから始まっていたとも思う。

とまあ多少言い過ぎなところはあるけれども、彼の曲(アルバム)を一人の時間に聴いていると不思議と心が落ち着くし、どんな時だってインスピレーションをもらえる。自分にとっての聖歌だと感じる音楽って誰だってあると思うんですよ。でもただ落ち着くとかではなく、どんな時でも大事な時にこれを聴くと全てが新しくなる瞬間をくれるみたいな音楽ってそうそうないわけで、僕にとってカニエウエストはそういった存在なのです。

 

My Beautiful Dark Twisted Fantasyというアルバムが大好きで。初めて聴いた時、これはヒップホップじゃなくて芸術だって思ったんです。本当に吸い込まれた。あの日から僕は彼の虜になり、ヒップホップにその可能性を見出せるようになったし、音楽という価値の中にヒップホップをヒップホップとして見なくてもいいのかもしれないと思ったんです。それこそがカニエの言葉を借りていうなら「Hiphop is New Rock 'n' roll」ということなのですが、ヒップホップイズムはあくまでもヒップホップイズムの中で生まれたものであり、ヒップホップが生み出したものではない。恐らくこれはそれぞれのフィールドで起こっているある種の紛争のようなものと同様であるように、全ては我々の表面的な理想と現実の狭間を擦り合わせたものをヒップホップとして担ぎ上げているんだと僕は思います。しかしそれさえもヒップホップなのだろうと思ってしまうくらいに今のヒップホップは真新しいもので溢れているし、それ故に多くのフォロワーによって追いかけ追い抜かされる故に価値が飽和しつつあるようにも感じる。

 

アルバムの半分まで聴き終えたくらいまで来たのでHipsの話をしよう。活動休止が決定し、メンバーの脱退によって3人体制となった。生音バンドから生音音楽集団になったからといって特別何か変わったというわけでもありませんが、ただやはり面白い事をやりたいという思いは漠然とあるわけで、これから水面下でトラック作りをしたりしていくので、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

もちろん他にもギターでトラックに参加したり、何でも連絡おまちしてます。

 

取り留めもない記事をかいてしまった、、、。

それでは。f:id:kgygkw:20170506032530j:image

 

 

「想像する」を聴いて。

お久しぶりの投稿です。

すっかり春の匂いが感じられる日々になってきてしまいましたね。この暖かさと涼しいの間を感じられるこの季節が自分にとっては色んな思い出が詰まっていて、新たな思いで新学期に臨める、そんな感じです。

 

さて、前回のブログは3/13ということでほぼ1ヶ月ぶりですが、実は記事を書いてはやめ、書いては止めての繰り返しでした。

ツイッターでは色んなことを更新していたり、色々ライヴもやりました。ただ、このブログは更新するにも更新出来ないというか、なかなか言及しづらい事は書けない(書くための条件が揃っていない)ということもあって、こうして時間が経ってしまったわけです。

 

 

この1ヶ月、色々ありました。

 

ヒップスのライブ、アンチトレンチの名古屋遠征、そしてワンマンライヴ、追加公演のワンマンライヴ、世田谷スクリームさんのイベントでフリーセッションライヴ、レコーディング、ニュータイド2017始動、友達のライヴ見にいったり、そして昨日のポエラボ。

もちろん目立ったイベントだけでもこれだけあったのでなかなか濃厚な日々でした。

f:id:kgygkw:20170409023553j:image

本当はワンマンライヴの事を色々書く予定だったのですがそれはまたの機会にしようと思います。まだ色々書くには気持ち的に精査出来ていないので、、、。

 

そういえばワンマン両日で流した僕のセレクトによるBGMプレイリストが好評で嬉しかったです。今回はアンチトレンチのイメージを中心にして雰囲気を作れたらと思ったので、なかなかいい経験でした。作ってる時楽しかったです(笑)

↓19日の選曲

f:id:kgygkw:20170409023613j:imagef:id:kgygkw:20170409023626j:image

↓24日の選曲

f:id:kgygkw:20170409023739p:imagef:id:kgygkw:20170409023741p:image

 

 

昨日はポエラボvol.5@西荻窪ALOHA LOCO CAFEでした。

 

今回は来日中のZohab Zee Khan(ゾハブさん)from オーストラリアがスペシャルゲストで出演。

 

Imagine - Zohab Zee Khan - YouTube

 

 

彼はオーストラリアのポエトリースラムのチャンピオンでもあります。がしかし、仮に彼が今年のチャンピオンでなくても今年もチャンピオンでもどうであれ、我々に対して対等であり、造詣が深く、それはオーストラリアの国民性と日本の国民性の違いでもあるのかも知れないけれど、ただひたすらに純粋な伝わりだった。

オーストラリアには中学の時にちょっとだけ行ったことがあったのだけれども、帰りの電車でその時の記憶がポエラボの様々な人々の姿と重ねて思い出された。

 

昨日はまるでビートルズが来日したかのような盛り上がりと、ゾハブさんに向けた祝福の匂いで満ち溢れていたし、ゾハブさんのアクトにグッとくるところだってあった。

そして彼の「Imagine」という作品を翻訳した村田活彦さんによる日本語訳カバー、正直心が震えた。ポエトリーを最も愛していると言っても過言ではない男、村田活彦さんによるアクト、何もかもが本気で本音で社会でリアルで人間でした。目を閉じたらスッと心地良い刺激が染み込んできたのは忘れません。

f:id:kgygkw:20170409050537j:image

あそこで目の当たりにした人々はあの「Imagine」をどう受け止めたのだろうか。そこから聴くゾハブさんの「Imagine」はどう聴こえたのだろうか。自分は今日、ポエトリーだったのだろうか。ギターは今日もギターだったのだろうか、それとも言葉だったのだろうか。

本当に考えさせられるポエラボでした。最高に幸せでした。

そしてまさかのフリーセッションライヴをゾハブさんと一緒に出来て本当に最高でした。

f:id:kgygkw:20170409045610j:image

(写真は村田さんによる「Imagine」の最中。)

 

 

 

頑張るしかないんだなと感じさせられました。

 

てな感じで今日はこの辺で。

では。

ご報告とか諸々。

気付いたら3週間くらい更新していなかったんですが、なかなか更新したい気分になっても余裕が無くてですね、いろんな報告と共に最近思った事を書こうかなと。

 

ということで、お久しぶりです。

先日こっそりとあるオーディションを受験してまして、それがなかなか悩ましくてですね、挑戦でしかなかったという感じです。

 

結果から言うと、来年度から国立音楽大学のNewtide Jazz Orchestra(ニュータイドジャズオーケストラ)のギタリストとして1年間参加させて頂くことになったのです。

国音ニュータイドと言えばあの山野ビッグバンドジャズコンテストを殿堂入り(?)したことでも有名な由緒あるビッグバンドでありますが、僕が青学ロイヤルに入りたての頃は想像もしていなかった、なんなら去年も、そんな世界に足を踏み入れます。

ニュータイドを誇るギタリストになれるよう精進します、頑張るよ〜!

 

そして今回ニュータイドに受かったのは僕だけではなく、ピアニストの田谷紘夢とベーシストのカワサキ亮というロイヤルズもってことで、3人でまた一緒に出来ることを嬉しく思います。共にいいバンドにしたいです。

f:id:kgygkw:20170313025551j:image

この一年は本当に挑戦の一年になるんだろうなと今からひしひし感じております、、、。

 

 

話は変わりますが、

3/14 はHipDistrict久しぶりのライヴです!

f:id:kgygkw:20170313025830j:image

f:id:kgygkw:20170313030029j:image

22時くらいから緩〜くドープにやれたらと思ってます!

 

ここんところアンチトレンチの活動が多かったのですが、実はヒップスもこそこそ制作の方をやっていて、この日は新曲が聴けるかも?!

ということで是非是非遊びに来てください〜!

 

 

そして17日はついに名古屋遠征。

 

3/17(金) 吹上 鑪ら場
18:30/19:00
1000円(D代別)

原千尋
五十嵐浩司
Anti-Trench
鈴木陽一レモン

 

ワンマン前最後のライヴ、出演する方々も素晴らしい方ばかりなので名古屋にいらっしゃる方は是非是非!

 

19日はアンチトレンチワンマン!!

f:id:kgygkw:20170313030615j:image

現状SOLD OUT なのですが、

この日しか、、、って方はご連絡ください!

ご相談受付ております!!

 

3/24

こちらはワンマンの追加公演!!

@高田馬場です。四谷天窓の名前通りではなく、高田馬場駅です。お間違えのないように、、、。

f:id:kgygkw:20170313030914j:image

 

 

実はこのワンマンライヴの為に用意する物もいくつか、、、

f:id:kgygkw:20170313031010j:image

お楽しみに、、、!

 

 

 

では。

宇関陽一with青学ロイヤルリズム隊がヤーヤーヤー!

どうも。

 

前回の記事(http://yuyakumagaigt.hatenablog.jp/entry/2017/02/22/230258)の続きになるのですが、19日の夜はひっさびさにロイヤルサウンズ2016のリズム隊の再集合でした。 

f:id:kgygkw:20170223132225j:image

 

この日はなかなかエキサイティングなライヴでした、、、。

というのも前からご紹介している通り、NYから一時帰国中のピアニスト・宇関陽一さんとのライヴだったのです。めちゃめちゃ楽しかったです。

f:id:kgygkw:20170223132504j:image

宇関さんと言えば、我々の学生ビッグバンド界隈的には早稲田大学ハイソサエティオーケストラの演奏曲のアレンジを手掛け、活動のサポートをしている印象が強いのですが、我々青学も実はつい最近から関わらせて頂くようになりまして、一番最初は2015年度の時にアレンジやレッスンをお願いした事が始まりでした。

そうして2016年度も春合宿や通常の練習でもレッスンをして頂いたこともあり、お世話になっていました。

今回は宇関さんのお誘いで一緒にライヴが出来たらということだったので、もちろん僕たちは喜んでこちらからもお願いしまして今回のライヴが実現したというわけです。

 

久々の宇関さんの演奏に我々はにやついてばかりでして、素晴らしいと僕が言うには烏滸がましいと思うほど素晴らしかったです。

こうして一緒に演奏できる機会に巡り会えて幸せに思います。

 

その時の様子をちょっとだけ、こちらからご覧になれます。

http://fb.me/8l5puPyGH

 

f:id:kgygkw:20170223150841j:image

今回は早大ハイソのリズムセクションスペシャルゲストとして、タップダンサー2人と三味線の方もいらっしゃって、本当に刺激的な演奏でした。 宇関さんの楽曲もめちゃめちゃかっこいいし、同世代でこんなにパッション溢れる演奏が出来る方々と共演出来たことを誇りに思います。

そして飛び入りで日本を誇るプロミュージシャンの集まりであるBattle Jazz Big Bandのリーダーでありサックスプレイヤー・吉田治さんの演奏も聴くことができ、本当に貴重な機会だなぁと感じております。

f:id:kgygkw:20170223185109j:image

 

多くの方々にご来場いただけてとても嬉しかったです。本当にありがとうございました!

 

 

ということで無事3日間連続ライヴデーを終えることが出来て良かったです。

なーかなか濃密な3日間でした、、、めっちゃ楽しかったです!

 

それではこれからHipDistrictの会合に向かいたいと思います。

実は密かに色々とやっておりますのでお楽しみに!

 

 

それでは、カワサキとのツーショットをのせてこの辺で。

f:id:kgygkw:20170223190642j:image

大阪のみやげ話〜「キツネの窓」ツアー@大阪編〜

いよいよ始まりました。

Anti-Trench「キツネの窓」ツアー@大阪!!

 

そしてその前夜17日は、3/19に行われるワンマンライヴの前夜祭とも言える日でもありました。まずはこちらから。

 

17日はもがくひとさん主催の「名もなき革命家達の夜Vol.4」に出演しました!

この日のアンチトレンチは今までと違った雰囲気になっていて、と言っても別に意図的にそうしたわけではないのですが、いつもよりもしっとりとした感覚で演奏しました。

演目は「また」、「タワー」と新曲でした。

f:id:kgygkw:20170222215202j:image

今回我々は宣伝していた時から、今回はワンマン前最後の東京公演であるから、ワンマンライヴのプレアクトとしてライヴする、と言っていて、正にそういったショーを披露できたかなと思います。

相方のくじらも言っていた、今日見た人にはその仕掛けがわかる、といったこともやりまして、こりゃワンマンが楽しみで仕方ない!ってな感じで自分で感じてました。

この日のアクトを記事にしてくれた方がいらっしゃいましたので、載せておきます。

http://ameblo.jp/matsukichi-bring0905/entry-12248763279.html

 

そしてイベントが終わって間も無く夜行バスに乗り込み、早朝に大阪に到着!

 

そしてまずどうしても立ち寄りたかった場所に行きました。

f:id:kgygkw:20170222221918j:image

f:id:kgygkw:20170222221925j:image

こちらのゲストハウス「ココルーム」。

くじらが去年の夏に2週間ほどお世話になった場所でもあります。朝ごはんはココルームで頂き、温かな不思議なところだなーと、ただただ感じるばかりでした。ありがとうございました。

 

そしてせっかく大阪に来たのだから!と思いどこか出かけようと考えたのは良かったのですが、ハードケースをキャリーカートに積んでの移動だったし、外は異常に寒い!!ってことで心斎橋と梅田付近しか移動できず、そうこうしているうちに入りの時間に、、、西大橋に向かいました。

f:id:kgygkw:20170222222514j:image

(初新世界、初通天閣、不思議な土地でした。)

f:id:kgygkw:20170222222613j:image

(心斎橋駅ホーム、この懐かしい感じめちゃめちゃ好きです。)

 

ということでやってきた西大橋LONGALONG!

今回のイベントはラップバトルイベントがメインだったようで、バトルをしに来た若者MCが多く、果たしてアンチトレンチは生きて帰ってこれるのか、、、?みたいな気持ちでいましたが、皆さんめちゃめちゃ良い人たちでした。(笑)

 

ワンコインMCバトルという企画がありまして、その企画内でビートボックスと僕のギターを即興でセッションを行うなど、普段とはちょっと違う試みも行なったり、最後には僕の思いつきで急遽、エミネムのLose Yourselfのリフとビートボックスのコラボをやってみたり。好評で嬉しかったです。

 

くじらも初めての経験を、、、。

口説きMCバトルの口説かれガールに呼ばれまして、めっちゃ口説かれてました。(笑)

そして参加したラッパー達がめちゃめちゃ面白いしなかなかスキルフル。めっちゃ笑いました。

 

イベントの最中にふと気がついたことがありまして、DJの選曲を聴いているとナウい曲がかかっているようでそういう感じでもない、けれども間違いなく良い曲がかかっている。

東京のクラブのDJは結構漠然と共通しているというか、大きなストリームを感じられることが多々あったのですが、今回のイベントに足を運んでいるラッパー達もそうですがなんだか生っぽいというか、人間らしい部分をすごく感じられる人たちが多いというか。もちろん大阪は今回のみなのでたまたまかもしれませんが、それにしても彼ら彼女らのライヴを見て感じたのは、全力でライヴを目の前にいる人たちに届けているという実感でした。

DJの選曲も今っぽいものだけでなく、良い意味でどこか引っ掛かりがあるプレイで、心地よい時間を過ごすことができました。

 

 

さて、、、なんやかんやで出番が来ました。

アンチトレンチ@大阪、下の写真を見る限りクラブだとは思えない光景です。(笑)

f:id:kgygkw:20170222222958j:image

「 君が生まれた日」と「パレード」をお送りしました。

みるみるお客さんがこっちを見つめ、静寂に包まれ、ただただ僕らのライヴをお届け致しました。

アンチトレンチ終演後、涙を流す方や、堪えていたのか上を向いたり、しばらく目を閉じている方、唇をぐっと縛っている方など多くのお客さんから声をかけて頂けたり、本当に嬉しかったです。

ここはヒップホップイベントだったのは間違いないのですが、そんなイベントでのアクトを真剣に聴いて見てくださった方々に敬意を。

本当にありがとうございました。

f:id:kgygkw:20170222225253j:image

 

そして我々は夜行で東京に戻る為に一足先にバス停へ。

 

19日の朝、無事東京に戻って来ました。

日帰りだったのに1日がえらく長く感じてました。

 

また大阪で、いや、関西の至る所でライヴできたらなと思います!

というか全国でライヴがしたい!!待ってます!!

 

 

そして19日の夜、僕はライヴだったんです、、、。この日のことについては次の記事にて。

 

 

以上、Anti-Trench「キツネの窓」ツアー・大阪編レポでした!!!

 

f:id:kgygkw:20170222225920j:image

 

3月19日のワンマンライヴの予約が続々と埋まって来ております。嬉しいくらいたくさんのご予約を頂いておりますのでお早めにどうぞ!

 

ご予約は

・Anti-Trench公式ツイッターアカウント

・ kujira.sakisaka@gmail.com

・僕まで!

 

 

では。

「国民的ふたり」に出た。

お久しぶりです。

この歳になるとバレンタインをバレンタインらしい過ごし方をしなくなるというか、とにかくいつも通りに過ごしてしまいました。リハとPodcastの収録で1日が終わりました。

 

とか言ってるうちに1週間ちょいが過ぎてしまいまして、怒涛のライヴデー3日間を無事過ごしておりました。

17日のワンマンのプレライヴ的なアクトについて、大阪遠征、宇関陽一さんとの演奏、本当に濃密な3日だったのでこの話は別に更新したいと思います。

 

 

まず、バレンタインデーの日に収録したラジオについて!

胎動レーベル所属の"国民的ポエトリーラッパー"のFcrow(ふくろー)さんとお笑い芸人の栗田ばねさんによる、

 

持ち運べるラジオ Podcast『国民的なふたり』

https://itunes.apple.com/jp/podcast/guo-min-denafutari/id1162673216?mt=2

 

これにゲストとしてAnti-Trenchが呼ばれまして、ゆるーいトークをしました(笑)

なかなか思ってもないようなことを言ってしまったりとてんやわんやなコーナーもあったり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

f:id:kgygkw:20170222200851j:image

 

 

そんなアンチトレンチ、ついに東名阪ツアーのメインヴィジュアルを公開しました。

こちらっ。

f:id:kgygkw:20170222193742j:image

いかがでしょうか、、、こんな感じで早速18日ツアー初日を迎えたわけですが、次回書きます。大阪のヒップホップイベントはなかなか興味深かったです。

 

 

3/19のワンマンライヴ、予約受付中ですのでお早めにどうぞ〜!!

 

 

そういえばライヴ前に髪切りました。

いつもコーンロウをやってもらっていたお馴染みのお店、渋谷にある「HairSalon F 」にて。

f:id:kgygkw:20170222214705j:image

 f:id:kgygkw:20170222214457j:image

 

イメチェンしました。こんなんでもよろしくお願いします。

 

 

では。

バレンタインが近い。

怒涛の週末が終わりました。

どうも、クマガイです。果たして今年はチョコを何個食べられるのでしょうか。というか今年こそもらえるのでしょうか。

 そんなことも言ってられない感じでバタバタしていたので久々の更新ということで、こちらから。

 

10日のキタイクニト ボンバーズのライヴを終えて。

f:id:kgygkw:20170213005311j:image

 

初のコンボライヴにしてこのメンツ、最高すぎでした。

そしてジャズ童貞も卒業することとなり、本当に有り難かったです。

こんだけ素晴らしいメンツとやっていると、自分の未熟さを感じるというか、本当に頑張りたい、ただその想いでいっぱいです。

そんな想いもありますが、ギンズに向かう機材車でめっちゃ笑ったし、リハもめっちゃ笑ったし、ライヴも楽し過ぎて楽し過ぎて、、、。

 

本当にいろんなジャンル?の曲をやったし、それが出来てしまうこのメンバーやばいなーと思いました。

次回やるときはもっといろんな人たちにボンバーズを見に来て欲しいなーと感じずにはいられないライヴが出来て最高でした。

f:id:kgygkw:20170213010011j:image

f:id:kgygkw:20170213022620j:image

(ひろむとカワサキのDUO中にキタイさんにパシャりされるのにきづいたクマガイ。)

 

 

余韻に浸りつつ、次の日は昼過ぎからライヴでした。

HipDistrict@相逢祭。ライヴハウスっぽい雰囲気の会場、Phoenix Cafe、めっちゃいい感じでした。

 

途中ギターアンプの音が出なくなるというアクシデントがあったのですが、しかもギターソロの頭から出なくなったという初めてのトラブルだったんですが、ライヴを盛り上げることが出来て本当に良かったなーと感じてます。

 

ライヴでのトラブルって経験ある人は結構いると思うんです。自分も何度かあって、弦が切れてしまったり、アンプの調子が悪かったり、自分の機材に問題が発生したり、、、でもそれでもライヴは続いてしまうんです。止めてはならない。今まではライヴ中の雰囲気に支障が出るような自分の見栄えや行動をしてしまっていた記憶があって、これではダメだと感じていました。

そしてそういうトラブルは、心に決めた!とか思ってるうちは一切起きなくて、忘れた頃に発生するもんですよね、、、。

今回も忘れた頃に起きたのです。でもいざアンプの音が出なくなっても、自分は至って普通で、めっちゃ笑ってました(笑)それこそ、このギターソロ尺の間何したら会場を盛り上げられるかな〜とのんきに考えていて、マオからマイク奪ってなんかやろうかなとか、ただただ踊ろうかなとか、コールアンドレスポンスしてみようかなとか、客席いこうかなとか、ただただホーホーとか言って叫ぼうかなとか(笑)

結局、音が出なくてもエアーでギター弾いてました。笑

 

お客さんも一瞬ハラハラしただろうし、ギター音出てないと気付いていた人もいたと思います。でもソロ尺が終わってそのままみんなの顔が笑っていた感じだったのは忘れません。僕も自分のギターを弾けないのにただただ楽しくなっていて、面白い状況が起こっちゃった〜!なんか出来ないかな〜くらいな気持ちでに感じでいられて良かった。

スタッフの方も迅速に対応していただいて本当に助かりました。そのおかげもあってそのあとすぐに解決しましたし、素晴らしいイベントであったと思います。ありがとうございました!

f:id:kgygkw:20170213010303j:image

 

 

そしてその後すぐ、西荻窪に向かって2本目のライヴ@西荻窪ALOHA LOCO CAFEでした。

Anti-Trenchのレギュラー出演するポエトリーラボ、通称ポエラボのVol.4、今回はアンチトレンチ的にポエラボ史上歴史に残る回だったんじゃないかと思います。

 

まず、くじらの旅先での負傷(やけど)後すぐのライヴだったということと、我々のリスペクトする詩人、大島健夫さんの一個前だったということ、イベントに出演する演者が皆さん素晴らし過ぎるという、こんな状況でいつもアンチトレンチはさらに燃えてしまう。

f:id:kgygkw:20170213020839j:image

 

今回はくじらの独演から始まり、「きみが生まれた日」「パレード」をやりました。

終えた後、拍手の大きさに涙が出そうになりました。パレードの即興の部分でくじらの言葉に僕もグッときてしまったし、僕も負けられない思いでいたし、最後の一音を鳴らし終えたその瞬間まで集中していた、そんな気がします。

 

 

あと6日でキツネの窓ツアーがはじまります。

そのツアーのラストは初のワンマンライヴ。

3月19日です、予約受付中です。

 

ツアーにあたって新しいメインビジュアルを公開する予定です。そちらもお楽しみに。

f:id:kgygkw:20170213021901j:image

 

 

今週のライヴはこちら!

 

17日はAnti-Trench@メロディア東京、

18日はツアーがスタート、大阪にてライヴ!

めちゃくちゃ楽しみだーーー!

 

19日には青学ロイヤルのリズムセクション&早稲田ハイソのリズムセクション&ピアニスト・宇関陽一@調布Ginz。

 

 

今週末も気合い入れて頑張ります!

 

 

そういえばKazooという楽器を買いました。

めっちゃ気に入ってます。

f:id:kgygkw:20170213022447j:image

 

 

では。